上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008.03.06 12

東京旅行 1号 (1)東京旅行 1号 (1)
(2007/12)
les deux

商品詳細を見る


les deuxの新作。
「名古屋に暮らす」から「東京旅行」へ。
やっぱり松尾さんのイラストはいいなーと思う。
当然中身もいいのです。
1号は上野・谷中・根津の特集。盛りだくさん。
谷中・・・ええねぇ。暮らしてみたいと思うくらい。
「オヨヨ書林」に行ってみたい




いのちのパレードいのちのパレード
(2007/12/14)
恩田 陸

商品詳細を見る


恩田ワールドの原点<異色作家短篇集>への熱きオマージュ。
摩訶不思議な作品集、と謳っている通りまさに不思議世界。
恩田陸という作家の原点はここなのか。
厚めだけど短篇集なのでさくさくと進む。
勿論不思議な力に惹かれ。堪能。
ぞっとしつつ読まずにいられない世界。

「蝶遣いと春、そして夏」では鮮やかな色彩の中に自分がいた。
「あなたの善良なる教え子より」「SUGOROKU」の3篇がお気に入り。




銀色ナイフ (角川文庫 き 9-64)銀色ナイフ (角川文庫 き 9-64)
(2007/09)
銀色 夏生

商品詳細を見る


辛口エッセイとあるけど、特に辛口じゃないよね。
これが昔からの銀色夏生。
少しづつ変化していても根本は変わってない。
清々しい切り方。自分というものを持ったうえでバサバサと意見を述べる。
面白くて止まらなかった。最後の最後まで銀色。
長生きしてほしい。ずっと書いていてほしい。
1語でも多く読ませてほしい




Diners: People and PlacesDiners: People and Places
(1998/09)
Gerd Kittel

商品詳細を見る


10年前。撮った写真はもっと前のもあるだろう
日常のなんてことない瞬間の切り取りなのに
こんなに絵になるのってどうしてだろ。
その形、色、空気、人。
あ・・・どこにでもある日常だから、いいのか。

Dinerを撮った写真集は数え切れないほどあって
でもどれも同じじゃない。
これもまた違う味。いい味。

スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://hibikara.blog46.fc2.com/tb.php/12-e3eba0f4
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。