FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

阪急電車阪急電車
(2008/01)
有川 浩

商品詳細を見る



阪急電車・今津線宝塚駅~西宮北口駅までの8つの駅。
そして折り返してまた宝塚駅まで、計16のお話なのだけど。
それぞれが絶妙な加減で絡み合っていて次を読まずにはいられない。

個人的に大好きな関西弁で、色々な物語が始まったり終わったりする。
ありえそう。関西ならこんな事が実際にありえそうと思っちゃう。

面白くない話がひとつもない。どれも良い。

1年程前、初めて大阪で電車に1人で乗った時を思い出した。

その時の出来事がこの本のある話と少し似ていて
思い出して久しぶりに温かな気持ちになった。

当時、私は電車どころかバスでさえ1人では乗るのが辛い状態だったのだけど
大阪で、ある場所まで1人で乗らざるをえなくなり
めちゃめちゃ緊張しながら、知らないおばちゃんに訊いたり声をかけられたりしながら
なんとか目的地へ向かう電車に乗り込むことができて。

パニ寸前の時に、向い側に立っている親子連れの会話が聞こえてきて・・・・

記憶が曖昧やけど、小学生くらいの娘と母親で、その会話がまったく漫才みたいで。
大阪弁が大好きな私には、その会話を聞いているだけで楽しくて(自然と聴こえちゃう;)

バクバクいってた心臓も自然と治まってきて無事目的地まで行けた、という出来事。

あの時、大阪で1人で地下鉄に乗れたという事が
自分の体と気持ちに前向きな影響を与えてくれたということを今は実感できる。

そんなことをふと思い出させてくれたこの本。

人間関係って時に煩わしいけど、やっぱりいいもんやなぁ、と思えてくる。


装丁、装画もとってもいい。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://hibikara.blog46.fc2.com/tb.php/31-e19527d7
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。