FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008.03.06

LPジャケット美術館―クラシック名盤100選 (とんぼの本)LPジャケット美術館―クラシック名盤100選 (とんぼの本)
(2007/07)
高橋 敏郎

商品詳細を見る


クラシックのLPジャケットコレクションから100選
LPという形が懐かしい
そういえばジャケットは内容と共に楽しみのひとつだったかも。
クラシックは特に曲や作曲者、指揮者などにちなんだジャケットが多くて興味深かった。

ペイネが描いたベートーヴェン交響曲第6番≪田園≫はカワイイ。
葛飾北斎など日本人が描いているものが多いのも面白かった。




幸せな嘘幸せな嘘
(2007/03/30)
きむら ゆういち

商品詳細を見る


”あらしのよるに”のきむらゆういちさんの本
まつおたいこさんの装画にも惹かれ読んでみたけれど・・・・。
なんとも感想の出ないお話し。
大昔のベタな恋愛ドラマという感じ;




戦後腹ぺこ時代のシャッター音―岩波写真文庫再発見戦後腹ぺこ時代のシャッター音―岩波写真文庫再発見
(2007/09)
赤瀬川 原平

商品詳細を見る


戦後5年目に第1号が創刊されたという”岩波写真文庫”
全部で300冊くらいあるらしい。
その中から著者が選定した24冊が紹介されている。
戦後、まだ写真というものが貴重だった時代。
その後少しずつ普及していく様子。当時の日本人の暮らし。
説明も面白く興味深い。そして写真が良い。
岩波写真文庫、見てみたい。古書店なんかに置いてあるのだろうか。




塩の街―wish on my precious (電撃文庫)塩の街―wish on my precious (電撃文庫)
(2004/02)
有川 浩

商品詳細を見る


塩が世界を埋め尽くす塩害の時代。
塩は着々と街を飲み込み社会を崩壊させようとしていた。
(帯より)
****************

有川浩さんのデビュー作だって。
帯の説明だけを見るとサヴァイヴァル小説みたいやけど
そういう部分も勿論ありだけど、これは恋愛小説だと思った。
塩害で人工が減り異常な状況になってゆく世界で
偶然知り合う人々。
お話は面白かった。塩害ってのが思いつかないし、フツー。

他に塩害その後として短篇が4つ。
本編と合わせてじゅうぶんに楽しめる。

スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://hibikara.blog46.fc2.com/tb.php/4-cd52e116
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。