上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ミ・キュイミ・キュイ
(2008/02)
甘糟 りり子

商品詳細を見る


ランジェリーの通販会社で財を成した女性起業家。
その夫。そして愛人。
ドロドロを想像しそうだけどその手の話ではない。

帯に、ピーチ・ジョンの野口美佳社長の言葉
「これはわたしのことではありません!(笑)」と書かれていて
余計に彼女の顔がちらちらした頭で読むことになってしまった;
勿論、彼女とは違う。成功した女性起業家は同じだけど。

これといった特別な感想はない。そんな小説。
逆に強烈に憧れる女性もいるだろうな、とも思うけどね。

仕事で成功して見合うお金も何もかも手にいれて
夫と暮らすマンションの隣の部屋に愛人を囲う。
そんな暮らしをしてみて最終的に彼女が手に入れたものとは・・・・。





悪人悪人
(2007/04/06)
吉田 修一

商品詳細を見る



どのページにも今の日本がたくさん。
せつなくて哀しくて残酷。

やるせない思いを人はそれぞれのやり方で処理してる。
処理しないと生きてけないから。
そのやり方を間違えた時に、悪人になるんだろうか。

色々な角度から光を当てれば見え方も変わるけど
赦されるか、といえばそれはまた別の話。

暗くて深い穴の中に入ってしまった様な読後感。

吉田修一さんのイメージが少し変わったかも。
これまでの作品の中では「ひなた」のような感じ・・・かな。
「東京湾景」とかより、こっち系の方が上手い気がする。



写真blog「ヒビカラカラ」はこちら★
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://hibikara.blog46.fc2.com/tb.php/46-de538f13
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。