FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008.07.06 代価。

少女雑誌ふろくコレクション (らんぷの本)少女雑誌ふろくコレクション (らんぷの本)
(2007/10)
不明

商品詳細を見る


懐かしく楽しめたけど
”なかよし派”だったのでちょっと物足りないかも^m^
”りぼん派”にはいいと思うけど。

小学生の頃、こっそり怪しげに抜け出して
買いに行ったりしたことを思い出した^m^ すぐにバレで叱られるのに;

ルネさんのふろくが見れたのが良かった。






アフターダークアフターダーク
(2004/09/07)
村上 春樹

商品詳細を見る


或る日の夜更けから夜明けまでの時間をカメラの視点で語り続ける。

闇の中で動く、闇を抱えたそれぞれの登場人物達。
ばらばらでストーリー性がないようでいて
実はとても人間くさい、リアルな物語だと思う。

チラリと数件読んだ書評ではあまり評判良くないみたいだけど
私は好きな1冊。

村上春樹の小説にはいつもジャズが流れてて好き。JAZZ好きなので(詳しくないけど)


「何かを本当に知りたいと思ったら、人はそれに応じた代価をはらわなくてはならないということ」

代価。それをはらってもなお知りたいと思うことは何? あなたらなら。



写真詩blog「ヒビカラカラ」はこちら★
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://hibikara.blog46.fc2.com/tb.php/71-d8d5beb9
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。