FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

きのうの世界きのうの世界
(2008/09/04)
恩田 陸

商品詳細を見る



塔と水路がある町のはずれ、「水無月橋」で見つかった死体。
一年前に失踪したはずの男性はなぜここで殺されたのか?
(帯より)
*************************************


恩田さん久しぶりの長篇小説。厚くてワクワクする。
勿論、一気にいかないとw

恩田本は・・・・段々と難解になっていく気がするのは私だけ?(゚ー゚;A

元々推理しながら読むタイプではないけど
さすがに恩田本はそこかしこに伏線が張られてるからつい挑むような気持ちで読み始めてしまう;
今回は珍しく所々に写真もあって余計に。

物語は恩田さんらしく、謎、謎で進む。
語り手が次々変わるので混乱しそうになるけれど。

読み終えても謎がまだ残るのが恩田本の特徴でもあるけれど
これもまた同じく。気にかかる部分があったりする。
謎を投げかけておいて放置、な箇所が。


”人はそこにない、と信じていれば
どんなに大きなものでもなかったことにしてしまえるものなのだ”
(本文より抜粋)



写真詩blog「ヒビカラカラ」はこちら★
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://hibikara.blog46.fc2.com/tb.php/92-b0d140f7
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。